住職について

釈徹宗

相愛大学人文学部教授。博士(学術)。日本宗教学会評議員。日本仏教学会理事。浄土真宗本願寺派如来寺住職。NPO法人リライフ代表。宗教思想や宗教文化の領域において、比較研究や学際研究を行っている。
論文「不干斎ハビアン論」で涙骨賞(第五回)、著書『落語に花咲く仏教
宗教と芸能は共振する』で河合隼雄学芸賞(第五回)、また仏教伝道文化・沼田奨励賞(第五十一回)を受賞している。
近著に『お世話され上手』(ミシマ社)、『異教の隣人』(晶文社)など。

釈徹宗 著作一覧

  • 異教の隣人

  • 不干斎ハビアン
    ―神も仏も棄てた
    宗教者 (新潮選書)

  • 落語に花咲く仏教
    宗教と芸能は
    共振する
    (朝日選書)

  • お世話され上手
    (22世紀を生きる)

  • 法然親鸞一遍
    (新潮新書)

  • 死では終わらない
    物語について
    書こうと思う

  • 現代霊性論
    (講談社文庫)

  • ブッダの
    伝道者たち
    (角川選書)

【単著】

【共著】

【編者・監修】

【テキスト・その他】